2017-04-29 (Sat)
今回は過去の確認の為にも、猫さん達の年齢確認の為にも、自分のブログを始めから読み返して涙しました。
(*´ω`*)

自分が薬をあげるのが下手だったりとか、体力回復の為にと嫌がる仔に病院フードを無理矢理飲み込ませたりとか…

私が下手だったから死期を早めてしまった、あの時、ああすれば良かった…
((T_T))やはり、どうしても後悔の念は否めないのだけれど…。

DSC_1033.jpg

更年期ウツで辛くてブログに書ききれなかった『サン』は下半身に血栓が詰まってしまい、生きながら下半身が腐敗して死臭が臭っていく状況の中で、病院側からも安楽死を勧められたり…(結局、苦渋の決断で予約まではしたのだけれど、予約時間前に私の胸の中で看取る事が出来ました…)

ムーさんは大腸ガンでお見送りして…。

シャープーは痴呆、徘徊、尿垂れ流しの壮絶介護で、それでも旦那と一緒に私の腕枕で、耳の痙攣を最後に御見送りして…。

各々の生を精一杯生き抜きました。

福を譲り受ける際に、はんなりさんが言ってくれた言葉。

逝ってしまった先代達は『12歳しか生きられなかった』ではなく、『12歳も光り輝いたんだよ』が今でも心に響いています。
(*´ω`*)

それが、はんなりさんを信頼する一番の理由。

どうしても人間より早く寿命がきてしまう…

そのまま家で看取るか、延命治療か、苦痛を終わらせてあげるのか…

病状によっても様々ですが、私はたとえ人間のエゴでも自分の腕の中で、皆、家族の側でお見送りしたい。

病院で冷たい点滴で、一人さみしく逝かせたくない…

逝かないで、ずっと側にいて…

ほんと、私が更年期障害・更年期ウツで気付かないうちに、あっという間に3年も経過していて、自分も歳をとっていたけれど、猫さん達もいつの間にかシニア世代に突入していて。(キャットフードには7歳からがシニアらしい)

今回のシロの件は、エイズ発症かと肝が冷えました。

ちなみにシロに病院フードを別室で隔離してあげたら、閉じ込められたとビビってしまい、やはり皆といつもの場所でのご飯が安心するようで。

DSC_1046.jpg

DSC_0955.jpg

皆にも少しずつ病院フードをあげて気をそらしている間にシロもスプーン2杯、しっかり食べられたよ♪
(о´∀`о)

DSC_1037.jpg

開けた缶詰(ペースト状)は冷蔵保存なので、少し水で柔らかくゆるめて、レンジで常温までほんの少し温めてあげるとニャンコもなめて、飲み込みやすくて食べやすい様です♪(ノ´∀`*)

DSC_1047.jpg

餌箱にこっつんこ♪

DSC_1056.jpg

自分から食べられて良かった♪((o(^∇^)o))

いつまでも側にいてね…。
スポンサーサイト
| 里親募集の猫を譲渡された側からみた「猫との共同生活」♪ | COM(0) |
2017-04-28 (Fri)
この数日間、不安でした。

動物病院に行ってきました。
約3日ほど前からシロが口からの茶色いよだれを垂らし、涙目で全く食欲がなくなって、耳も少し熱い…
((T_T))

いつもは食事の時間には飛んで来て、チロリンタ~ンころころ♪と、寝転んで甘えるのですが、カゴやドームの中でじっと辛さを耐えていて…

じきに良くなるかな…(*´ω`*)大丈夫かな…

水だけは飲んでいたけれど、カリカリフードはほんの二口…口内が痛くて食べられないのかな…
((T_T))

しんどそうで辛そうな身体なのに、ひざの上に乗ってきて、じっと丸まって甘えに来て、シロの方が私の方を心配してくれている…

今まで何度も経験している、私の手の中から大切な命がすり抜けて消え失せていく恐怖…

私が怖くて焦れていたら、旦那が病院に行っておいでと後押ししてくれて…

症状は歯肉炎の出血での茶色いよだれらしいのと、風邪の様なので、

風邪の治療と、一応、腎臓病などの血液検査も受けました。

血液検査の結果は良好ですが、エイズキャリアの仔は免疫力が低いので、また歯肉炎などに掛かりやすい様です。

家ではいつも食べているカリカリご飯のふやかしたものをあげても食べなかったのですが、病院の缶詰(ヒルズ回復食・犬猫兼用)はよく食べた様なのでまずひと安心、良かったです。
(*´ω`*)

DSC_1011.jpg

風邪の鼻汁の詰まりを取ってもらったら、食事のニオイを感じて食べられた様ですね。

人間なら、風邪なら栄養ドリンクでも風邪薬・解熱剤等でも、すぐに対処法があると思いますが、

小さな身体の猫さんは、たかが風邪でも食事のニオイが感じなくなって食べられなくなったり、口内炎・歯肉炎などの痛みで食べられない状況になると一気に体力が激減して危険度が増したり、

尿が1日出ないだけで尿毒症など、手当てが遅れがちになるほど厳しい様です。

不安だったけど、いつもはほとんど鳴かない仔なのに、慣れない診察台で看護師さんに押さえ付けられての診療がよほどの恐怖の為か、元気な声で沢山鳴きました。

一応、点滴中に更に追加で缶詰ご飯の食事をお願いしたのと(3日は食べられなかったので)

風邪薬、涙目の軟膏、口内の腫れが引くまでの数日分の缶詰を購入してゆき…。
( ̄~ ̄;)

私とシロとで、安心して家に帰りましたq(^-^q)

シロも家に帰ってきたとたん、我が家に着いて安心したのか、点滴とご飯が効いたのか、しっぽをすねすねゴロゴロ♪かごに寝込んで死の淵をさ迷っていたのが嘘のように改善をみせ♪
((o(^∇^)o))

ごめんなさい。(*´ω`*)
もっと早く病院に連れて行けばよかったね…

医療費は結構なお値段で、家計には痛かったです…。
(~O~;)

でも、お陰さまで私も安心して眠れました(^^)

朝もシロの錠剤の薬を缶詰のフードにくるんで、口の奥に押し込んだら簡単に飲み込んでくれて♪
(о´∀`о)

他の仔達が病院フードのニオイに釣られて強奪しようと大騒ぎになったので、何とか牽制しつつもシロはしっかり朝ご飯とお水を摂れました♪
(ノ´∀`*)

やつれ顔で予断はまだ許さないけど、とりあえず回復の見込みにひと安心です(^-^)

DSC_1022.jpg
| 里親募集の猫を譲渡された側からみた「猫との共同生活」♪ | COM(0) |
2017-04-23 (Sun)
ちゅ~るちゅ~るちゃうちゅ~る♪
今、大ブームの液体系おやつ♪

DSC_0948.jpg

パパにビクビク、ちょっとお耳の怯えたさんの福タンも
(((((゜゜;)

美味しいニオイをお鼻にチョン♪(σ≧▽≦)σと付ける事が出来れば、二人の仲は急接近!!

DSC_0935.jpg

鼻をペロンで美味しい味を覚えたら一撃でメロメロに落ちました♪(о´∀`о)

旦那もなつきっぷりに大喜び♪(^▽^*)

DSC_0928.jpg

テレビで観た、なつきにくい仔、怯えたちゃん、ご飯をなかなか食べてくれない仔にも、指先や危険でない棒の先などに美味しいニオイをつけて少しずつ接近すれば仲良しさんになれる方法だそうです♪(^^)

DSC_0940.jpg

頂き物ありがとうございます♪
美味しいねぇ♪(^○^)

| 里親募集の猫を譲渡された側からみた「猫との共同生活」♪ | COM(0) |
2017-04-20 (Thu)
うふ♪今夜はもうお3人様も観に来て下さっているので、(ありがとお~)ご機嫌でセンベロ(呑み過ぎ千円ベロベロ)で眠れちゃいます♪(*^^*)

さ~て、陰気臭い話は変えましょう♪
q(^-^q)~(p^-^)p

テレビの話で…

ある日ご主人の脳に、取りづらい場所に脳腫瘍ができてしまったので…

三択で妻が術法を選ぶのですが、『言語障害が残るか』、『四肢マヒが残るか』、『効くか分からない薬で死んでしまうか…』

究極の選択ですが、さて…Σ(´□`;)

術後の彼は幸い、絶対忘れてはいけない妻と子供の名前を覚えていて…
(*´ω`*)

リハビリで身体のマヒも残らないという幸運で…

ポロポロほろ酔い、良かったねぇ~と泣けます。
(σ≧▽≦;)))σ

女は感情的な生き物ですね♪(о´∀`о)

DSC_0911.jpg
| 里親募集の猫を譲渡された側からみた「猫との共同生活」♪ | COM(0) |
2017-04-19 (Wed)
結局、昨日の件は泣き寝入りでした((T_T))

送り先の業者さんに再度、品物を配達して頂いてもらったようで数日待って欲しいのこと、で、数日後、スマホでもメールで配達予定の確認メールが届いているにもかかわらず、こちらに連絡は一切はなし…

配達当日の一発めは、チャラい言葉で『先日はすいませんでした~笑』

ぷちっとキレてしまったので(-""-;)

配送会社に『住所・氏名・電話番号の入った個人情報と、相手からの手紙を取り戻してきて』(ごみ袋を漁ってでも)、ネット炎上しちゃうよねぇ…と言ったら…
(ノ-_-)ノ~┻━┻

取締役さんなんたらが謝りに来て、どうしても個人情報が見付からないと来ましたけど…
(´д`|||)

貴方なら個人情報を流出されて、勝手に商品を暴かれたら気持ち悪いですよねぇ…
(。>д<)

参ったですねぇ(-_-;)

ああ~・・・。

猫なら許すんだけどねぇ(* ̄∇ ̄*)

DSC_0656.jpg

| 里親募集の猫を譲渡された側からみた「猫との共同生活」♪ | COM(0) |