12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-03-30 (Sat)
福、病院へ行く!


にゃはん…( ̄▽ ̄;)ワクチン接種でした(^∀^)>

病院に行くにあたっての捕獲方法は…私の寝起き、猫たちの寝込みを襲撃!短時間で迅速に捕まえてキャリーに入れないと、他の仔が異変に気付いて逃げて隠れて捕獲出来なくなってしまう┐('~`;)┌

2013033009470000.jpg
「ひにゃ~(泣)」
福は相変わらず、鳴いてわめいて悲壮な鳴き声…予防接種だけなのよ?(^^;

シャープーも一緒にワクチン接種に同行。珍しくスムーズに捕獲成功!(この仔が一番捕獲困難)、

とらはすんなり捕獲(^3^)/
2012122111480001.jpg

2013033011370000.jpg
シャープー、体重3,0㎏…少し痩せましたね…との事。

でも、すごく心配していた胸のしこり(触ると威嚇していた)が私の単なる勘違いで痩せてあばら骨にふれたのをムースの直腸のしこりの件もあって、また悪性腫瘍かも?と疑っていたのですが私の勘違いで済んでよかった~

とらは今回は元気だけどみんなと便乗して、久し振りの体重測定と軽い検診、耳掃除も便乗で(*^^*)
とらは順調に育って、体重3,66㎏…大きくなったなぁとは思っていたけど…もうシャープーを追い抜いちゃった

2013033011150000.jpg

福、ビビリまくり体重5,6㎏。太りすぎ注意と減量のススメ、フード削減の忠告を受けてしまいました

今現在、福は「アイムス 毛玉ケア体重管理用 チキン味 成猫用」をあげているんだけど…うちの仔達はみんなめちゃくちゃ食欲旺盛なので、沢山食べても低カロリーとかもっと超ライトカロリータイプを販売して欲しいわ~

まさか私みたいにまず生野菜を丼1杯食べてから…。という訳にはいかないものねぇ


猫ボランティアのぽちんち・ぽちさまが福を捕獲してくださって、すぐワクチン接種をして戴いていて…

生粋の元野良猫で、もしかしたら翌日は無かったかもしれない命。里親ボランティアの「ぽちさまが必死の思いで捕獲・保護してくださった大切な命」(福の捕獲・2012/02/13 (月)、詳細はリンク先「ぽちんち」ブログ参照)

その時の予防接種の証明書が福の婿入り時に、はんなりさまへ託されていて福の譲渡の時に譲り受けました。

「はんなりさまが福を引き継いで家猫として順応できる様にと愛情を注いで育ててくださった命」詳細はリンク先「はんなりにゃんこ」ブログ(福・元ぽちゃの里親募集開始2012-05-08参照)

で、久し振りに予防接種証明書を見たら…嗚呼っ(゜o゜)

げげっ!予防接種、もう一年を1ヶ月ちょっと過ぎてる~
\(゜ロ\)(/ロ゜)/

すぐに予防接種に行ってきました

…そうか…この日から福の家猫の第一歩が始まったのね…

「ぽちゃ」…の原点、見つけた…。✿(´ω`♡)

この日が福の誕生日…という事にしてもいいかな…?

当時で2~3歳くらい…ど、どちらがいいかしら( ̄▽ ̄;)

最終最後の10数年後の看取ってあげる時に、お位牌に生きてきた証しを刻んであげたいものね…。✿(´ω`♡)


今現在この仔は…元気です(^^)

♥幸せゲット隊♥です♪

「ぽちゃ」→はんなりママ家で家猫修行→運命の出会いの譲渡で「福」と改名。

で、私、猫まねきこと「幸さち」と、家族とお姉さま猫、年下のラブラブ恋猫もできて、みんなで「✿幸福✿」になっています♪(^^*)

今はぷくぷく幸せ太りで、これ以上太らせないようにとお医者様からのお小言まで出ていますが(^^;)


壮絶な捕獲、お疲れ様でした。

1年前の壮絶な捕獲劇がなければ、今現在の私の幸せはありませんでした。

大変お礼が遅くなりましたが、あの時この大切な命を救っていただいて、保護していただいて、慈しみ大切に育てていただいたお陰で…今、私は幸福です

本当にありがとうございましたm(_ _)m

今後も家族でみんにゃで幸せになってゆきます



スポンサーサイト
| 里親募集の猫を譲渡された側からみた「猫との共同生活」♪ | COM(5) |
2013-03-25 (Mon)
はんなりママ家からの譲渡後、昨年6月だったから…早…10ヶ月くらいでしょうか…。

最初の1ヶ月間はんもう、逃げて隠れて毎日の日課がまずは福の探索捜査からという…。逃げ回り続けた福が今ではこの甘えたぶり(私限定デスガ…。)

2013031508370001.jpg

譲渡から10ヶ月経って、ようやく~?旦那が差し出した指先を福にちょっぴり嗅いでもらえるのに成功!(~_~;)(まだ脱兎のごとく即逃げるので、抱っこは未だに不可(^o^;)))

さ~て、甘えたにゃんこを抱っこを出来るのは何年後かしらん( ̄▽ ̄;)汗

あ、そうそう!

前回の食べ放題ホテルビュッフェの詳細を加筆・修正してみましたので、ご興味のある方は前回の記事へどうぞ✿m(_ _)m

2013032111420000.jpg
| 里親募集の猫を譲渡された側からみた「猫との共同生活」♪ | COM(2) |
2013-03-22 (Fri)
私のストレス解消法は…。大好き!サラダバー荒らし!(/-▽-)/

はんなりさんとうちの近くのホテルレストランへランチビュッフェに行ってきましたo(^o^)o

そう、以前福を譲り受けた後に一緒に行って以来なので、あれから早9ヵ月ぶり
^_^)/▼☆▼\(^_^)

今回のお店は千葉県長生郡長柄町
【生命の森リゾート 日本エアロビクスセンター】の系列店の…。

photo_trinity02.jpg

緑の屋根が目印のペンシル型のスリムなホテル。

森の中の高級リゾートホテル「レストラントリニティ」が満を持してお贈りする女性が大好きなスイーツ満載洋食系ランチバイキング(千葉の山奥です

千葉のこんなへんぴな(失礼!)ところに、こんなおされなホテルビュッフェがっと思うほど、1680円で3時間半たっぷり楽しめるのでどこから沸いて出たんだと思うほどの大盛況ぶり!

女子会には定額・格安・のんびり出来るので、9割以上が女性のお客様で埋め尽くされてますね

特に春休みなどは予約で満杯になってしまうので、事前に電話予約必須です

ちなみに平日は11時半~15時まで3時間半食べ放題ですが、土・日・祝は90分制なのでご注意を

平日はシニアデーもあり、65歳以上の方は*年齢証明できるものを当日ご持参するだけで通常 1,680 円 → 1,270 円にお得になるので、親孝行にお洒落なホテルで優雅なランチを楽しむのも素敵

詳細は…「生命の森リゾート レストラン トリニティ」を検索してみてくださいね

2013032111340000.jpg
はんなりさんを待つ間に、まずは並んだ料理を物色中

ここのホテルビュッフェはアンチエイジングを意識したサラダコーナーが目玉商品で、おしゃれ系サラダ・ベリーリーフと発芽野菜9種類ほか色とりどりと、肌が切望するお年頃のコラーゲンゼリーとノンオイルドレッシングでカラダの中からきれいに(^^*)

2013032111330000.jpg
色とりどりに並ぶ料理に瞳がらんらん

2013032111340001.jpg
あるあるある~

2013032113340000.jpg
まるで夢のようだ~

2013032111520000.jpg
まずは腹ごしらえにサラダをかる~くペロリ

更に、春の菜の花ポン酢ジュレのサラダ→買うと高価なアスパラガスのベーコンソテー→豚レバーのパテを皿に各山盛り1杯ずつをたいらげたら…。

2013032112490000.jpg
いよいよメインデッシュの肉牛すね肉の柔らか煮、箸で切れるふるふる食感がコラーゲンでぷるんぷるんお口の中でとろける~ん肉は飲み物だ~もちろん皿に山盛りチョイス

私の食べ方は基本的に「糖質制限ダイエット?」系で、サラダ・温野菜系をまずたっぷり食べて血糖値の急上昇を抑えつつ脂肪の蓄積を抑え…。続いて、大豆・魚・肉等のたんぱく質を摂取

こちらには美味しそうなパスタ・ご飯・焼き立てピザ・パン等もあるけれど、糖質はスルー

まあ、あれだけスイーツを食べてたら糖質満載で何とか野菜で相殺ですかね~(^▽^;)

相変わらずの私の食べっぷりにはんなりさんも舌を巻き…(^o^;)
勢いに釣られて普段は少食のはんなりさんも食べ放題してました(*^^*)♪(手前・肉が私のぶん、画像・奥のちんまりパンの盛り合わせがはんなりさんの

2013032111390000.jpg
当然…。

2013032111440000.jpg
シメは…。

2013032113420000.jpg
バイキングの醍醐味のぉ?

2013032113400000.jpg
夢のメリーゴーランド盛り

今回、はんなりさんが久々に食事にお誘いしてくださったのは…ムースが亡くなったばかりの私を気遣い、慰めようと誘ってくれたのかしらん(^^)


2013031308130001.jpg
私は福達、家族みんなが元気で大はしゃぎで癒してくれているのでもう大丈夫ですよ(^^ゞ

猫談義にも花が咲き…o(^o^)o

もし心が落ち着いて、次に新たに家族(猫さん)を招き入れるのなら…


ん~…。

運命の出会いを待ちましょうか


| 趣味:大好きグルメ✿(´ω`♡)食べ放題♪サラダバー荒らし!(/-▽-)/♪ | COM(3) |
2013-03-21 (Thu)
はんなりファミリーの猫繋がりで猫友達が一気に増えまして仲良くさせて戴いてます☆▼\(^_^)

猫友のdanekoちゃん夫妻とクマ妻さまから、うちの結婚記念日に素敵なペアグラスを作っていただきました(*^^*)

2013031615590000.jpg

あ~、酒が身に染みるぜ

本日のお酒は猫好きの定番!ドイツの白ワイン『ツェラー シュヴァルツェ カッツ』

ワイン醸造中に樽の上に黒猫が乗っていたものがとても美味しかったという伝説のワイン

ドイツ・モーゼル地区のツェル村で造られる、ドイツの中でも最も人気の高い白ワイン。

ラベルに描かれている黒猫が特徴で、「黒猫が乗った樽のワインは美味しい」という言い伝えに所以します。

ツェラーとはツェル村で造られたということ、シュヴァルツェ・カッツとは黒い猫という意味です。

お酒は価格がピンキリですが、これは880円とリーズナブル(もっとお安いのもあり

すぐ1本空けてしまうので、デイリーワインならこれで十分満足

この種類は甘口でフルーティでワイン初心者でも大変呑みやすく、女性を口説くならコレ!なんてね

| 酒好き☆▼\(^_^) | COM(2) |
2013-03-17 (Sun)
実は…

にゃんこにモフモフして匂いを嗅ぐのが大好きなんです(*^^*)(猫あるある?)

2013031508370000.jpg

福は頭や顔をふんふんされても嫌がらないのですが…(^^)(頬ずりして私の鼻をなめてくれる)

お腹にもふもふ顔を近づけると、後ろ足で足げにされます(~_~;)イヤン

おでこのちゅ~(^з^)-☆はさせてくれるのにぃ( ̄▽ ̄;)

いけずぅ(~_~;)

ちなみにとらは大変我慢強い仔なので(^o^;)旦那の強烈すりすりラブちゅ~アタックも耐えてます(福に触れられない分、愛情パワー2倍(~_~;))

2013031312330000.jpg

あ、シャープーは例外。

2013031312380000.jpg

からだの表面に優しくフレンチキスが限界です(^^ゞ無理じいやお腹をさわると威嚇と爪パンチ炸裂!

※おおっと※(((^_^;)

猫って個性豊かですよねぇ(*^^*)

| 猫と遊ぶ♪ | COM(0) |
2013-03-14 (Thu)
きっとこういう時期でないと記せない事なのであえてここに留めておくことをお許しください。m(_ _)m

(※語弊のない様にお伝え致しますが、その仔の『生きた証』をすべて見届ける事が、たとえ見るのが辛くとも、その生き様のすべてを心に刻み付けて最後まで見届けるという行為が自分の中で、私と猫との共生生活の心のけじめを付けるものと信じております。ので、面白半分では決してありませんのでよろしくお願い申し上げますm(__)m)

長い猫との共生生活の中で、幾度も伴侶をお見送りしておりますが…

大変不適切ですが、生と死の狭間より亡くなる寸前の、天国へ旅立つその瞬間を見届けるというのは、ある意味感銘すら覚える衝撃の残る思い出でもあります…。


言葉の揶揄として、時に人間に対して『目が死んでいる』など評される場合がありますが…


まさにその瞬間!


腕枕で添い寝しながら…。

生ある、光のこもった瞳が私を見つめてくれているのが、すぅっと瞳から光が失なわれ、生気が消えるのです…


亡くなるその瞬間…


目で見ていてわかるのです…。

その仔の肉体から魂の離れてしまう、その瞬間が…

つややかな瞳のきらめきが、何も映さない灰色に変わる…。


よくドラマ等で病室で亡くなった人間の患者さんにペンライトを当てて亡くなったか確認するアレです。(もちろんわが仔に実際にはペンライトを当てて見たりはしませんが…。)


「もう逝ってしまうんだね…。」

2012061302020000.jpg

そっと抱き上げて、号泣しながら家中をねり歩き、過ぎ去った思い出をその仔に見せてあげながら…。

2012061414070001.jpg


「ありがとう」の感謝の気持ちを沢山もたせてあげる……。

20130311124700012.jpg

もう梅が満開だよ…。

| 猫を飼う…その命の一生を背負うという事。 | COM(0) |
2013-03-12 (Tue)
ふと、ムースの事を自宅で思い出していたら…。

2012060909420001.jpg

家のあちこちで、亡くなった仔達が走馬灯のようにおのおのの場所で、私との優しい思い出を残していることを思いおこされて心がじんとします。。。

前回のナナを亡くした時はペットロス症候群がそうとう酷くて、仕事も行けない、外出も必要最低限の買い物しかできない、人との関わり合い・話すのも苦痛、その頃の記憶も若干記憶喪失気味の曖昧…と、何もやる気がおきない傷心のウツ状態が長期間続き、かなり苦しみました…(/_;)(車の音楽もむなしいだけで、一年以上無音の状態が続き。。。)

が、…今回はうって変わって精神的な回復が早く、何とか表面上は元気で、仕事にも行けてます。。。

(まだ心が疲れると泣いてしまう日々ですが…。顔で笑って、心で泣いて…。)

もう、すぐ仕事だなんて、切り替えが早すぎて薄情でひんしゅくをかいそうですが…。( ><)

ただ以前のように一人ぼっちで引きこもり、泣き崩れ、呑んだくれて泥酔し…の繰り返しで精神的に病んでいた頃より、今の方が、気力がだんぜん違います

これも温かい元気な家族とこれから長い年月を共に共生出来る幸福であり、喜びであり、心癒されている実感であり…。

福の運んできてくれる沢山の幸せのおかげです(^^*)

2013030209420000.jpg
↑とら、先生の予告通りデカくなってる…。(^^;)

あの、福をもらう前の様な自殺願望の暗い深い闇の淵をさ迷っていたのがまるで嘘のよう…。


亡くなった仔を忘れるのではなくて、その辛い思い出の上に新しい思い出を少しずつ積み重ねてゆくことで、狂おしく寂しい、悲しい辛い感情が徐々に、共に暮らしていたほろ苦い・甘くまろやかな記憶・感情へと、優しい思い出に変わってゆくのですね…。(/ ;)/~~

福を戴く時に、里親ボランティアのはんなりさんからは見抜かれていましたが(・・;)

初めてネットで検索した里親募集サイトの仔「ぽちゃ(元)」(現在・福)の里親募集に打診を入れたのが、まだ前回の愛猫ナナを亡くしてたった二週間足らずで…(__)

その里親募集サイトの仔が気になって、気になって、何度もサイトを訪れてはチェックしてみたり、はんなりさんのブログでぽちゃの生い立ちを遡って追い掛けてみたりして…

195e9f016881444bda86078174b152e7.jpg
↑゚・*:.ひまわりのような男の仔ぽちゃ゚.*・
(↑画像提供:クマ妻さま♪m(_ _)m感謝!!)

そういえば私は買い物をする時も、一目惚れしたものの後に沢山の品を見て回っても、結局、また一目惚れのものに戻る性分でした…。(^^;)


でも、すごく気になるけど…ぽちゃのお問い合わせをしている間も実は戸惑いを隠しきれず…


愛猫を亡くしたばかりなのに新しい仔を迎えてもいいものかと疑心暗鬼?でした。

亡くしたばかりなのにもう次に浮気するような、不逞な輩のような…。。

とらを貰う時も、福を戴いたばかりなのに亡くした仔に似てるからと浮気するようで、貰うのをためらわれましたが、どうしてもナナと似ている仔が忘れられず、辛抱たまらず戴く事になり…。

幸い福とはとても相性が良く、福にとっても最高の恋猫になってくれて有難い限りです。

はんなりさんもその譲渡に関する不安感を感じ取っていたらしく、それでもぽちゃとのお見合い話を決行して話を進めてくれたのは、これが私の転機になるのではないかと一歩、私の心に踏み込んでくださいました

これが例えば猫を受け取りに行ってハイ終わり…ではなく、愛情をかけて長期間の家猫修行をして、元野良の猫を根気よく人間家庭に馴れさせてゆき…

更に時間と会話と費用もかけて、先ずは一度目のお見合いに来てくださり、里親宅の環境視察・更に時間をおいての気持ちの打診の後、本当に婿養子に迎える気持ちはあるのかを問われ…

それはそうですよねぇ…。愛情込めて長期間かけて家猫修行して育ててきたのですもの。

ぽちゃの保護された経緯は、ボランティアのぽちさんが明日はなかったかも知れない生粋の野良猫を大変なご苦労の末、(雨の中の格闘捕獲劇だったとか(・・;)逃げて隠れて捕まえる事が困難だったぽちゃを何とか捕獲・保護に成功し、車の往来の激しい街で奇跡的に守った大切に命…。

ちなみに「ぽちゃ」の名前の由来は『ぽちさんの保護した茶白の猫』だそうです(^^*)

その命のバトンを受け取り、大変な根気の末の家猫修行をして、里子に出す為に惜しまず愛情を注いで育ててくださったはんなりさん。

ボランティア様方々の自己犠牲愛の賜物が今救われている命であり、

その仔達が新しい家族の元に嫁いで幸せになってゆくのを心の糧に頑張っているそうです

その大切な命のバトンを繋いでゆく…そんな選択肢も有りではないでしょうか?


…実はうちの旦那は、はんなりさん宅にいる白雪ちゃんに興味津々のようです…。

ふわふわのムーさんの面影が見えるからかな…。(  *)


| 猫を飼う…その命の一生を背負うという事。 | COM(4) |
2013-03-10 (Sun)
週末に旦那と、愛の共同作業でムーさんを庭に埋めてあげました

この『弔う』という行為がペットロスの心の整理するのに大切な行為であり、有効手段なんですよね

↓ムーさんは福との友好関係にも一役活躍してました。
2012061912460000.jpg

そして…。

自分のブログを読み返しながら、タイタニックを早回しで観て…(器用なヤツやな(;^_^A)


また号泣しちゃいました

何故、タイタニックであんなに泣けるのか…


自分が助からなくても、自分を犠牲にしてまでも相手を生かせたい、生きていて欲しい、守りたいという気持ち

自己犠牲精神…それが泣けるんですよね

悪く言えば人がいい…

いいえ、いい人間(ヒト)なんです✿(´ω`♡)

相手に見返りを求めない

でも…

きっと尊いその気持ちは巡り廻って…


巡り廻って、自分の心に還ってくるはずだから…


だから旦那が旧友の窮地を身を呈して救おうとしたり…。

道路で轢かれた可哀想な亡骸をわざわざ車を降りて、路肩の草むらによけてあげたりするのを…私はとても誇らしいと思う。

はんなりさんも…

他のボランティアさま達も、少なからずの大切な生活・金銭面・時間・精神的に多大な犠牲を伴う事を続けている…

助けたその仔の幸せの行方だけが心の拠り所で…

すごく偉い行為ですよね

2011072211500000.jpg

だから私は共感して…

感動して…

大好きになりました✿(♡´ω`♡)✿


福と家族と共に、今後も見守りたい気持ちでいっぱいです

2011072211520000 (2)


| 猫を飼う…その命の一生を背負うという事。 | COM(3) |
2013-03-07 (Thu)
ムースを腕の中で看取りながら、無事に天国へ送り出す事が出来ました。m(__)m

20121221114600003.jpg

半年前位から大腸のしこり(医師からは大腸ガンとは宣告されないのね)でゆっくり容態が悪化していくのが見ていて分かっていたので、心の準備も事前から出来ていました…

↓はんなりさんから即日大変綺麗な仏花を贈っていただきました✿(´ω`♡)
20130306122700001.jpg
いつも見守って戴き、心から感謝いたしますm(_ _)m

この2ヶ月は大腸のしこりが特にひどくなり、腸に便がつまって排泄困難になるので長期間薬で便を軟らかく排泄しやすくしてみたり、しこりの腫れを抑える薬等も処方してもらっていたのですが、何分高齢だし、薬の影響か全く食事を摂れなくなってみるみる衰弱してゆき、いつ亡くなってもおかしくない状況でブログを開く気にもなれず…

ところがこの2週間前位から急に下半身不随のマヒと同時に肛門の筋肉も拡張して緩んだためか、一挙に排泄も直通でスムーズになり、一気に食欲も爆発して一人前をペロリと平らげるように急に元気になってびっくり

下半身不随でも前足のみで歩き回るわ、ベッドにも自力で上り降りするわ

食事と排泄さえ出来れば、もっと生きられるんじゃないかと錯覚してしまうくらい…

まあ、今思い返してみれば、亡くなる目前に急に元気になるという…例のあれですね

そして…

もう何匹も見送っているので、ムースもこの一昼夜が峠という事が容態で分かっていました。

食欲がなくなる・1人ハウスに閉じ籠る・自力で動けなくなる…

猫は体調を崩すと一生懸命回復を図ろうとして暗がりに隠れてしまう為、そのまま死んでしまうと俗にいう『猫が亡くなる時は身を隠す』なんて言われているゆえんですね

昨日は休みだったので、朝から(いや、前夜からですね)呑みながらムーさんに添い寝で腕枕してゆっくり看取る時間が取れた事が何よりの救いで有りがたかったです(神様、別れの時間をくれて感謝です!!)

昨日は沢山呑んで号泣したお陰で、今日は元気に出勤出来ています
前回のナナの時は、『ご飯を食べないな~』と心配していたら、2日で急逝してしまった為、心の準備が全然出来ていなくて、腕枕の中で看取る事は出来たのですが、何分別れが急過ぎてペットロスで相当苦しみ、主人には多大な心配をお掛けしました…
m(__)m

前回はほんと酷いペットロス
きちんと看取ったはずなのに、食事の用意の真っ最中に号泣とか、仕事にも行けずに呑んだくれて泣いて泥酔…を目覚めるたびに繰り返し…
挙げ句の果てに『もう一度逢いたい』と土葬にしたお墓を本気で掘り返そうと酔狂沙汰としか思えない精神状態で…もちろん生物が土に還る時はバクテリアに分解されるので、当然召された身体は溶解しているハズで…

でも今回は、回りに元気をくれる家族もいるし、事前にムーさんの大腸ガンで容態の悪化を分かっていたので心の準備を蓄えておいたので、今回はペットロスの落ち込みは幾分軽いように感じます

福をもらう動機もその一つでありました

先代の仔たちはみんな高齢で、うちでは12、13歳で半年ごとに次々あとを追うように亡くなってしまったので、また逝ってしまうのが怖かった…

20年とか生きているという話を聞くと羨ましく、尻尾七本の猫又になってでも生きていて欲しいと願い

今までの仔は病院に何度も通って、ほんにゃんには辛く苦しくしんどいであろうに、無理やり苦い薬や介護食を摂らせようと…

逃げ回って嫌がるのに、フォアグラのアヒルのように無理やり餌食したり、

薬も嫌がりこっそり吐き出したり、せっかくの食事もろとも嘔吐してしまったりで、薬のあげ方の悪い自分を責め続けた。きちんとあげられなかったから早く死なせてしまったのだと懺悔し、ペットロスにさいなまれ続け…。

ただ生きていて欲しいという想いに翻弄されて、辛い思いをさせてしまったね…

動物病院からの『もう楽にさせてあげたら…』という安楽死の提案も、人間のエゴで突っぱねた…我が仔を自分の決断一つで殺してしまうなんて出来ない

ずっとそばにいて欲しいという切ない願い

でも、はんなりさん(福を戴いた先の育ての親のボランティアさん)に会えて、沢山お話を交えて考え方が変わりました

その時の言葉をブログアップ用にとっておいてあったのを発見(*^^*)


はんなりさん
『逝ってしまった仔は沢山の時を光輝いたんです。

その沢山の思い出を残してくれた仔も、ママがいつまでも哀しんでばかりでは辛いはず。(__)

あたたかい家庭に見守られて逝けたのなら、その仔は幸せだったでしょう?(*^^*)』



この言葉で私は浄化され、福の次々と運んでくる沢山の幸福に私は元気を取り戻す事が出来ました

今回のムーさんには薬はあげていたけど、食事は無理強いしなかった

自分の意思で食べられるように、皆と一緒に食べやすい軟らかフードに替えて

少しでもなめてくれると嬉しかった…食べることは生きる事だから


今回の精神的な気持ちの早い復活は温かい家族達と、さらには、はんなりファミリーや猫ブログ繋がりの皆様との楽しい会話のはずむ会食が大変心の支えになりました。

これもブログを見てくれている方がいるという、猫を慈しむ心を共感する沢山の想いにじんわりココロが温かい気持ちになれたからでした

以前のように、一人家に綴じ込もって呑んだくれて泥酔して泣き暮らすという、一人心苦しむウツ状態が一番精神的にも危険ですからね

どうしても周りには「たかがペットが…」と蔑まされる様な気がして、プライドが邪魔してペットの死で塞ぎ込んでいるとは相談しにくい状況があるようで…自分ひとり抱え込んでココロの回復が遅れてペットロスを長引かせてしまうという悪循環に陥りやすいそうです

たかがペットじゃないんです…。

最近は「コンパニオン・アニマル」(伴侶動物)とも呼ばれているとか

長年の伴侶であり、大切な親友であり、我が仔であり、長老であり…。


その大切な者をなくした心身的な解決法は…。

亡くなった事を自分自身で認める

沢山の思い出を再度思い返して心に刻み込む

私自身はこうしてブログに起こして、懐かしい画像と共に思い出し、沢山泣いて泣いて心にとどめておくことで浄化して…。


周りの方々に支えられて

時の流れと共に、ココロが少しずつ癒されていくようです


これも多大に新しい出会いに感謝です(*^^*)


ただ今、ムーさんは冷蔵庫で保管・待機中ですが(・・;)

週末の主人とのお休みに、2人の愛の共同作業で庭に土葬してあげようと思います。(´ω`♡)

今まで私のそばにいてありがとう…。


| 猫を飼う…その命の一生を背負うという事。 | COM(4) |
2013-03-05 (Tue)
シャープー、とら、福、

仲良し3ニャン組

2013010708100000.jpg

寒い日は暖かなキッチンマットでみんなでまったり、うたた寝

2013010912040000.jpg

いつもの…穏やかな日々

2013012913390000.jpg

ワンタッチの黒猫エプロンがお気に入り


そして…。

本日、ムースが逝きました。

直腸ガンでした。

2012063003090001.jpg

仕事から帰って、看取るのを待っていてくれた…。


苦しまずに…ゆっくりと…

私の腕の中で…。


静かに…永久の眠りにいざなわれて…。

2012061810040001.jpg

この仔はペットショップで、サンの次に見つけた仔で。

ラグドールやメインクーンの長毛の大型猫種の売れ残りでお安く出ていないかという希望でペットショップで相談した時に紹介されたという経緯でウチにきて、早13年…。


あっという間だったね。


うちに来てくれてありがとう。

そばにいてくれて、ありがとう。

私の仔になってくれてありがとう。


呑みながら涙ぐしゅぐしゅで君の事を書いているよ。


沢山の癒しをありがとう。

沢山の思い出をありがとう。

沢山の優しさをありがとう。


寝るときに腕枕の…爪は痛いけど「ふみふみ」も実はうれしかったよ。

私がトイレに入ると飛んできてひざの上で甘えてくれたね。

ゴロゴロとのどを鳴らしながら添い寝してくれるのがうれしかった。

前々日までご飯もガツガツ食べてくれたね。


…その君はもういない…


大切な者を亡くした時は、泣ける時に沢山泣いてください。


ペットロス症候群が少しでも自分自身の中で納得・消化出来る様に…


忘れなくていいの

その悲しい思い出の上に、新たな優しさをぱらぱらとかさねてゆけばいい…。


今夜は添い寝して、君の姿も、ご遺体の匂いもすべて記憶にとどめておくから…


大好きだよ

愛しているよ


今までありがとう。


そして、ゆっくり…おやすみなさい





| 猫を飼う…その命の一生を背負うという事。 | COM(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。