12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2017-03-31 (Fri)
夜の訪問者

昨年11月、嵐の数日前に突然、訪問者が現れてきました。

焼き魚を焼いていたら、仔猫?が2度も3度も鳴いて勝手口の網戸に寄ってきて…

焼き魚のニオイに引き寄せられてきたのか…
(´д`|||)

先代の仔に似ているので、ほおっておけなくて緊急保護。

2度も3度も鳴いて勝手口の網戸に寄ってきたので、名前は「ニイ」♪
家族がまた増えました。
(*´ω`*)

まずは即日、動物病院で速攻検査に(/--)/

この仔は推定10ヵ月、この子の場合は病気は何もなかったけど、エイズ(キャリアは発症はしていない状態、こちらは血まみれの決闘ほどにならなければうつりにくいそう)・(白血病、こちらは他の仔達にうつると全滅の可能性が!?)

一般的に家猫で安全に迎え入れるには(多頭飼いの場合は更にリスクも考えると)、病気その他の検査費用、ノミ、お腹の虫駆除、避妊去勢等で、初期費用まず六万から~さらに生涯10数年をわが子として迎え入れるためには、猫餌、猫砂、予防接種にもしもの病院代、さらに老後や病気の介護・下のお世話と一生涯、わが子を育てていく~さらに看取るまで愛情を注いでいくのは相当の覚悟が必要。

はんなりさんはここまでの大変な事をボランティアとして、新しいおうちに人間に温かく馴染めるように優しく保護してから、譲渡のあとも心配してくれてお声かけしてくれて嬉しいお心遣いです(^^)

で、ノミや駆虫、避妊手術で何度も動物病院に通いつめて、その間は他の仔達と隔離しなくてはならないので、ケージに入れて、一ヶ月毎晩の夜泣きで猫も人間も悶絶~
m(。≧Д≦。)m

当然、閉じ込められた仔もストレス最高潮で、ベッドの保温用に入れた段ボールを器用に喰いちぎってはペッぺペッぺ!!吐き出してケージの外まで段ボールだらけ!
Σ(×_×;)!
DSC_0550.jpg

バラバラにしてストレス発散してました…(/ー ̄;)

今でも壁紙を喰いちぎってます(^_^;)

それでも『クルルル~』と変わった鳴き声でよく、おしゃべりする仔で
(*゜Q゜*)

旦那のたっぷり激しい愛情表現で揉まれまくりでも動じない仔で、唯一旦那に添い寝で接待してくれます♪
(ノ´∀`*)
旦那に認知してもらって命拾いしたねぇ(^^*)
DSC_0448.jpg

猫の寝姿って何だか眠気を誘うオーラが出ますよねぇ
DSC_0503.jpg
( ̄∇ ̄*)ゞ
スポンサーサイト
| 里親募集の猫を譲渡された側からみた「猫との共同生活」♪ | COM(2) |
コメント


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。